不動産投資とはどのような投資なのか?

   

不動産投資とは、利益を得る目的で物件を購入する(投資)ことを言います。

具体的には、購入した不動産を人に貸すことで得られる家賃収入という利益(インカムゲイン)と、その不動産を購入した金額以上の金額で売却することで得られる利益(キャピタルゲイン)という、2つの利益に期待して投資を行なうのが不動産投資です。

不動産投資は、新たな資金運用先として注目されています。預貯金では低金利が続く中、株式投資・投資信託・FXなどで資産運用をしている人が増えており、不動産投資も資産運用先の一つとして人気が出ています。

また、空室がければ、毎月安定収入を得ることができる不動産投資は、将来的な年金不安を補う「自分年金」に適しているとされ、退職金の運用先としても注目されています。

不動産投資は一般化し敷居が低くなっています。現在では自己資金がなくても取り組めることから、会社員を続けながら不動産投資を始める人も増えています。

不動産投資は「お金持ちが行うものだ」というイメージがありますが近年では不動産投資を行っている43%は会社員だというデータもあります。また年代も若い世代の30代・40代が積極的に不動産投資を行なっているようです。

 

不動産投資のメリット

●毎月安定収入が得られる
入居者が確保できれば、その入居者が退去するまでの間、一般的に2~3年は安定した収入が見込めます。

●売却益
日本経済が成長し、再び地価が上昇することによって売却益が得られる可能性があります。※正直これは期待が薄いと思います

●事業へ積極的に関与できる
物件の選定や不動産会社(アドバイザー)の選定、賃貸管理や売却まで、自分が事業に関与することによって、収益を上げることができます。

●資金調達が容易
自己資金が少なくても、投資する不動産、そこから得られる収益を担保にお金を借りることが可能です。

 

 

不動産投資のデメリット

■空室リスク
空室が長引くと、予定していた賃料が得られず、投資計画が狂ってきます。家賃保証サービスの利用や入居条件の緩和によりリスクを軽減できます。

■災害リスク
地震や火災により、建物が倒壊・消失してしまうリスクがあります。保険への加入はもちろん、耐震性・防火性の高い構造の物件を選ぶことでリスクを軽減できます。

■資産価値・売却価格下落のリスク
日本経済が低迷し、地価が下落し資産価値が低くなってしまう可能性があります。エリア選定やマーケット分析によりリスクを軽減できます。

■流動性の低さ
現金が必要になったときに、不動産はすぐに現金化できません。あくまで長期的な投資スタンスを持つことが重要です。

 

年収300万円から行えるリスクほぼゼロに不動産投資を公式ラインにて公開しています。

・家賃2年間100%保証、3年目以降は90%保証

・住宅メンテナンス・修繕費でかかる費用は一生0円無期限保証

※真剣に検討している方のみご連絡ください。

 

ブログランキング参加しています。下記より応援よろしくお願いします♪


ブックメーカーランキングへ

にほんブログ村 小遣いブログへ
にほんブログ村

公式LINEお友達募集中です。資金ゼロから始める不動産投資について知りたい方はお気軽に友達追加して下さい♪

友だち追加

 - 不動産投資